けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

【国内旅行】散歩したくなる海沿いの街3か所

自分でもなぜだか分からないのですが、海沿いが好きです。出身は海より山!というところなので、海を見る機会が少なかったんですよね。なので、海を見ることは非日常で、特別な感じがしました。

 

海を見ると「海って広いな…」と思えるところも好きです。世界につながってるんだなあ、みたいな。それに、海って見ていて飽きないんですよね。例えば、ブログを書いているとき、よく波の音のBGMを流しています。集中できるし、落ち着けます。

 

今回は実際に行ってみて好きになった、散歩が楽しい太平洋側の海沿いの街を3か所ご紹介します。散歩の途中でぜひ寄りたい場所も、写真付きで載せました。

横浜

東京からのアクセスがよく、言わずと知れたおしゃれな街です。中華街には美味しいお店が沢山あります。そして、みなとみらいの夜景がきれい…。

 

昼は海沿いの爽やかな感じがしますし、夜はきらきらと大人な雰囲気。カップルでの散歩コースにも最適です。

 

横浜赤レンガ倉庫や山手など、見所も多くあります。

 

中華街 山東

ココナツと一緒にいただく水餃子が看板メニューの老舗です。人気店のため、お昼時は行列ができていました。

 

中国家庭料理 山東

f:id:knonononai:20210908211922p:plain

山東でランチ

 

 

横浜赤レンガ倉庫

赤いレンガ造りの外観がレトロでかわいいです。中は雑貨、アクセサリー、バッグなどを売っているお店と、飲食店が入っています。

 

ちょっとお店を覗くだけでも楽しめます。

 

bills | カフェ&レストラン|横浜赤レンガ倉庫

f:id:knonononai:20210909191842p:plain

赤レンガ倉庫内のカフェ billsのパンケーキ

 

みなとみらい

昼に訪れてもよいですが、観覧車のライトアップとビルのあかりがきれいな、夜にぜひ見てみてほしいです。手前の水面に光が反射して、見飽きない美しさです。

 

f:id:knonononai:20210908212226p:plain

みなとみらいの夜景

 

熱海

温泉が有名で、新鮮な海産物が美味しい街です。静岡は気候がいいですね。

 

東京から特急が出ていて、熱海に向かう間は車窓から海沿いの景色を眺めることができます。海沿いを走る列車に乗って、のんびり移動することに憧れていたので、実現できて嬉しかった思い出です。

 

秘宝館

簡単に言説明すると、「性」にまつわる展示が行われている場所です。なので18歳未満の方は、入館できません。美術館、博物館のような学びの場所というよりは、ちょっと笑える展示を見て楽しむ場所です。

 

名前は聞いたことがあって、興味本位で覗いてきました。熱海の街からロープウェイに乗って向かいます。

 

館内は残念ながら撮影禁止だったので、手前のロッカーを撮影しました。秀逸なお言葉の下に、小さく秘宝館の写真が。面白かったですよ。

 

熱海秘宝館オフィシャルサイト:静岡県熱海市

f:id:knonononai:20210908212319p:plain

秘宝館のロッカー

 

生しらす

実際に食べたお店の名前を控えていなかったのですが…熱海では生しらす丼を食べられるお店が複数あります。街歩きをしていれば、見つけることができるでしょう。

 

しらすって普通は、釜揚げしたものを食べますよね。でも、熱海は海岸の街で新鮮な生のしらすを食べることができるのです。生しらすは半透明で、全く生臭くなくサラサラ食べられます。もう一度食べたい一品です。

 

f:id:knonononai:20210908212422p:plain

生しらす

 

海岸沿い

砂浜が続いている場所を散歩するのは気分が良いです。

 

f:id:knonononai:20210908212626p:plain

熱海の海岸

 

 

宮崎

マンゴーが有名な南国の県です。宮崎市にはリゾートホテルがいくつもあり、海沿いでリラックスしたひと時を過ごすことができます。

 

ホテル近くの海岸

宮崎市のリゾートホテルは海に面していることが多く、ちょっとホテルを出れば、海沿いを歩くことができます。

 

f:id:knonononai:20210908212803p:plain

ホテル近くの海岸

 

宮崎市のリゾートホテルに3か所泊まったお話。

knonononai.hatenablog.com

 

青島

ビーチから続く橋を渡って行ける、小さな島です。島全体がパワースポットで、島内には青島神社があります。

 

青島 | スポット・体験 | 【公式】宮崎市観光サイト

f:id:knonononai:20210814164848p:plain

青島神社前の鳥居

 

※宮崎観光のお話。

knonononai.hatenablog.com

 

 

味のおぐらチェーン

宮崎はチキン南蛮が有名です。その中でも有名な店が「おぐら」です。タルタルソースと一緒にいただくチキン南蛮は、食べ応えがあります。

 

おぐら チェーン おぐら本店、おぐら瀬頭店、おぐら佐土原店 味のおぐらチェーン

f:id:knonononai:20210801214654j:plain

おぐら本店のチキン南蛮

 

 

※こちらの記事で詳しく説明しています。

knonononai.hatenablog.com

 

 

まとめ

実際に行ってみて好きになった、散歩したくなる海沿いの街を3か所ご紹介しました。夏も終わり、秋に突入している昨今、夏の海が恋しいですね。

 

また海が近い街に行きたいな、と思っています。

 

※国内旅行のエッセイを紹介したお話。

knonononai.hatenablog.com

【留学】1カ月以下の短期留学って、意味あるの?

夏休みや春休みという大学の長い休みの間、短期留学に行きたいという方もいるのではないでしょうか。今すぐは難しいかもしれませんが、「いずれは留学を叶えたい」という方は、今のうちから計画してみるのはいかがでしょう。

 

・短期留学に興味がある

・短期の留学って意味あるの?

・留学に興味はあるけど、海外で生活できるか自信がない

 

そんな方に、夏休みに約3週間、カリフォルニアでの短期留学をした経験をご紹介します。

 

 

大学のプログラムで約3週間短期留学した理由

1人で海外に行くのが怖い

私は大学に入るまで海外に行ったことがなく、短期留学のカリフォルニアが初めての海外経験でした。

 

短期留学と言っても、3週間の予定が大体決められており、ボランティア活動をしたり英語のクラスを受けたりする内容でした。15人くらいのメンバーでアメリカのカリフォルニアに渡り、各ホストファミリーに付き学生が2人ずつお世話になりました。

 

海外に行ってみたいとずっと思っていましたが、初めて行くのは何となく怖くて。大学のプログラムなら一緒に行く人が沢山いるし、困っても周りにメンバーが沢山いれば何とかなるだろう、という他力本願な構えでプログラムに応募しました。

 

1番最初の海外への心理的な不安を解消するという意味で、大学のプログラムに学生同士で行けてよかったと思います。

 

長期の留学を検討していた

大学の短期留学のプログラムに応募したころ、長期の留学を考え始めていました。

 

  • いずれは1年間留学したいけど、そもそも海外経験がないのに、いきなりそんなに長期間行くのは厳しい!
  • そもそも、3週間も耐えられなかったら1年間も留学できないだろう。

 

そんな思いから「じゃあ、まずは短期留学を試そう」という考えに至りました。海外での生活に憧れがあった反面、意外と自分は日本以外で生きられないってこともあり得るよな…という不安があったのです。

 

行ってみたカリフォルニア

カリフォルニアはアメリカの西海岸に位置する州です。地中海性気候に属し、空気が乾燥しています。

 

夏に訪れたので気温は高いのに、日本の夏と違って汗をほとんどかかないことに驚きました。日本の夏って、本当に湿度が高いんですね…。

 

ホストマザーに連れられて行ったスーパーが、とにかく楽しかった!日本のスーパーよりサイズが大きいものばかりで、やけにカラーバリエーションが豊富なものも売られていました。

 

f:id:knonononai:20210908201857p:plain

カゴから溢れだしたような野菜のディスプレイ

 

f:id:knonononai:20210908202336p:plain

カラフルで種類豊富なシャンプー


アメリカンなものをいろいろ食べたし、現地の学生とも交流したし、街歩きもしたし。ホストマザーがクリスチャンだったので、教会に連れて行ってもらったこともありました。

 

カリフォルニアで経験したことは、また別の記事で書きたいと思います。

 

短期留学で得られたもの/得られなかったもの

得られた経験

実際カリフォルニアに3週間滞在してみて、最初は不安が大きかったのですが、結果楽しかった!

 

・3週間なら日本食がなくても生きられた

・日本ほどきれいなトイレじゃなくても大丈夫だった

・英語ばかりなのは正直疲れるけれど、日本語以外で会話ができて嬉しかった

 

など、小学生みたいな感想ですが、これが体験できたことがとても大きい収穫でした。3週間と1年間では長さが全然違います。

 

でも、

 

  • とりあえず一定期間海外で生活ができた
  • 日本との違いはもちろんあったけど、それほど辛くはなかった

 

これが自分で分かったことで、本格的に1年間の留学の計画を立て始める覚悟ができました。

 

英語の成長

語学面に関しては、英語がとりあえず口から何か出てくるレベルにはなりました。流暢というほどではなく、言葉に詰まりながらも、何とか状況を伝えられるレベルです。

 

短期留学に行く前は、大学受験のために習得した英語で、実際にネイティブと会話を続けられるレベルではなかったです。なので、3週間であっても渡航前の準備期間も含め、成長はあったと言えます。

 

3週間では経験しなかったもの

基本的に大学のメンバーと現地の学生、もしくはホストファミリーと過ごしていたので、生活にものすごい不便とかホームシックということはなかったです。

 

日本人のメンバーか日本に理解のある現地の学生ばかりだったので、外国人であることを理由に嫌な対応をされたこともありませんでした。

 

3週間で到達できなかった英語のレベル

流暢に話せるレベルにはなれなかったです。分かりやすく話してくれるホストマザーや、繰り返し優しく話してくれる現地の学生の英語は大体聞き取れました。

 

でも、ネイティブ同士の早い会話などはついていけないことが多かったです。

 

まとめ

約3週間の短期留学に行った話を紹介しました。

 

3週間では経験できること、成長できるレベルに限りがあります。けれど、それまで知らなかった海外の生活を実際に体験できるという点では、十分意味があると思います。

 

特に、長期の留学に興味があるけど海外生活に自信がない、という方にお勧めしたいです。短期間であっても、海外で過ごした経験は長期の留学を決める時に1つの自信になるはずです。

 

※海外留学のお供に!

※イタリア留学でイタリア語を習得した話

knonononai.hatenablog.com

 

※社会人になってからTOEICを本気で勉強した話

knonononai.hatenablog.com

【ネパール】「友達だから安くするよ」と言ってくる宝石商人の話

ネパールと言えば有名なのはエベレストでしょうか。ネパールはインドと中国の間に位置し、エベレストがあることから登山者に人気がある国です。

 

今回はそんなエベレストの首都、カトマンズの観光市場で「君は友達だから、特別にいい宝石を売るよ」と言ってくる宝石商人を研究した本を紹介します。

 

また、ネパールで今なお続くカーストの1つ、カドギを追った本もあります。

 

エベレストだけでは語り切れない、ネパール社会の一部を覗いてみましょう。

 

 

友情と詐欺の人類学―ネパールの観光市場タメル宝飾商人の民族誌 (渡部 瑞希/晃洋書房)

 
ネパールの首都、カトマンズのタメル地区には、宝石を売る商人たちが集まっています。宝石商人たちは、カトマンズを訪れる観光客に「君は友達だから、いい宝石を特別に安く売るよ」と言って、宝石を勧めてきます。
 
宝石商人たちがどんな内容を観光客から聞きだし、宝石を勧めるのか、豊富な事例が集められています。
 
そもそもここで言う「友達」って、その言葉を利用して宝石を買わせたいだけなのでは…?「友達」って言っても会ったばかりだし、という観光客側の疑問の声が聞こえてきそうです。
 
「友達」はどんな世界にも該当する単語があり、親しい間柄の人をそう呼びます。でも、市場で観光客を相手に使う時には、ちょっと違った意味合いになりそうですよね。
 
観光市場で使われる「友達」という言葉から、「本当の友達とは?」という疑問を学術的に深堀しています。
 
筆者が実際に見聞きした事例が沢山あるので、ネパールに旅行に行く前に読んでみてはいかがでしょうか。
 

ネパールでカーストを生きぬく―供養と肉売りを担う人びとの民族誌 (中川 加奈子/世界思想社)

 
ネパールで低カーストと言われてきた人々、カドギを取り上げます。
 
カドギが民主化や市場化をいかに生き抜いてきたのか、自分たちのカースト範疇をどのように定義してきたのか、長期的な観察から丁寧に書き上げられています。第44回渋澤賞、第6回日本南アジア学会賞を受賞した本です。
 
この本では、カドギの中でも特に食肉市場の拡大という背景に着目しています。カドギは屠畜に従事しているからです。カドギたちはグローバル化に伴う肉の流通の変化に対応するべく、市場経済での個人的な利益追求と、地域に基づくカーストの役割を同時にしています。そうすることで、自分のカースト範疇をとらえ直しています。
 
カドギにとってカーストとは、社会の変化に適応し自らの生を肯定的に捉える拠点として機能しているのです。カドギたちは社会、労働、経済といった様々な局面で、自分のカーストを最大限戦略的に利用し、常に再創造しています。
 
カドギの生き方から「レッテルから逃れられなくても、レッテルを拠点に自分の生き方を肯定的に捉える方法を見出す」ことも可能なのでは?と筆者は投げかけています。
 

まとめ

ネパールの観光市場で宝石を売る商人と、商人の言う「友達だから安くするよ」というときの「友達」を研究した本、今なお続くカーストで肉を売る人々を追った本を紹介しました。
 
海外旅行ができない今、本からネパールのことを知るのも、非日常的な試みではないでしょうか。
 
※タイのゴーゴーバーについても研究があります。

【ブログ初心者】はてなブログでカテゴリーを階層化、グローバルメニューを設置したけどなんか違う…?

ブログ初心者ながらに思っていました。カテゴリーを整理し、グローバルメニューを設置したい、と。

 

本ブログの記事は現在34記事です。まだまだ多いわけではないのですが、この段階でもカテゴリーを階層化した方が、頭の整理ができます。今後どのような記事を書き足すか、見当をつけやすいのではないかと思ったのです。

 

ブログのサイドバーに「カテゴリー」があるので、そこから関連記事を見ることができます。ただ、自分が他の方のブログ記事を見ていて「この方、他に何書いてるんだろう」と思う時は、いつもグローバルメニューから飛んでいることに気づきました。

 

サイドバーのカテゴリーしかなければそこから飛びますが、グローバルメニューの方がぱっと見て分かりやすいと感じます。

 

今回は、カスタマイズの知識0、ブログ初心者がはてなブログでカテゴリー階層化とグローバルメニューを設置できた過程と、やってみたけどなんか違う…?と感じているところを紹介します。

 

先人たちが既に分かりやすい記事を書いてくださっているので、適宜参照させてもらいます。

 

カテゴリーの階層化

大きなカテゴリー(親カテゴリー)の中に、一段回小さなカテゴリー(子カテゴリ―)を作ることです。子カテゴリーよりさらに小さなカテゴリーは孫カテゴリーと呼びます。

 

※カテゴリーの階層化は、下に続く「グローバルメニューの設置」の前に行っておくことを推奨します。グローバルメニューの設置の際に、「親カテゴリー」のURLが必要になってくるからです。

 

本ブログの例で言えば

 

親カテゴリー: 語学

「語学」の子カテゴリー: TOEIC, DELF, CILS, 語学全般

TOEIC」の記事: 【TOEIC】900点超えるためにこれだけは持っておくべき教材 厳選5選、【TOEIC920点】社会人でも10カ月で達成できた勉強法、…

「DELF」の記事: 【フランス語】DELF B2取得するために最低限必要な教材、【フランス語】DELF B2取得者が実際に見ていた、フランス語を学べるYoutubeチャンネル、…

 

と続きます。

 

各子カテゴリーの中に、その子カテゴリーに該当する記事が入っています。Kのは孫カテゴリーまでは利用していません。今のところは子カテゴリーまでで十分だと感じています。

 

パソコンだと右クリックして「新規フォルダー作成、そのフォルダーの中にさらに新規フォルダー作成」ってそんなに難しい操作ではないですよね。ですがはてなブログの場合、カテゴリーの中にカテゴリーを作るには、自分でカスタマイズする必要があります。

 

やることは大きく分けて3つです。既に丁寧な解説がありますので、リンクを貼らせていただきます。

 

  • 「親カテゴリー」と「親カテゴリー-子カテゴリー」を整理し、記事を割り振る
  • カテゴリーの表示を「アルファベット順」にする
  • 「カスタマイズ」の決まった場所に決まったコードを貼る

 

※バロさんの記事を見ながら作業をしたら、思いの他スムーズにできました!

【徹底解説】はてなブログでのカテゴリー階層化の手順と具体例! - たびバロ

 

※バロさんは、とよブロさんを参照されたそうです。こちらが引用元です。

はてなブログのカテゴリー階層化に成功しました - とよブロ 

 

グローバルメニューの設置

グローバルメニューとは、本ブログではブログタイトルの下にある、カテゴリーが記載された帯部分のことです。

 

グローバルメニューは始めからあるわけではなく、「カスタマイズ」の「ヘッダ」の「タイトル下」と「{}デザインCSSコード」をいじる必要があります。初心者には何だか難しいことのように思えますので、その辺りも先人の知恵を借りました。

 

※いつもお世話になっているれどさんの解説です。

【ブログカスタマイズ】「はてなブログ」でグローバルメニューの追加方法を紹介|初心者でもカンタン - redoブログ

 

※グローバルメニューの帯の色の変え方は、パソコンガイドさんのコードを見ながら行いました。

はてなブログにグローバルメニューをコピペで設置する方法 – パソコンガイド

 

原色大辞典というものを初めて見ました。#以下の6桁の数字とアルファベットをコードに差し替えることで、グローバルメニューの帯の色を変えることができます。

    WEB色見本 原色大辞典 - HTMLカラーコード

 

スマートフォンでの表示に反映

いつもパソコンで記事を書いているので、スマートフォンではどのようにブログが表示されるのか、あまり意識していませんでした。

 

でも、スマートフォンでブログを見る人の方が多いですよね。スマートフォンでもグローバルメニューを表示したかったので、こちらもやり方を調べました。

 

Kのが使用しているデザインはHaruniで、これは「レスポンシブデザイン」です。

 

スマートフォン」→「詳細設定」→「レスポンシブデザイン」にチェックを入れると、スマートフォンでもHaruniのデザインでブログが表示されます。

f:id:knonononai:20210905124354j:plain

レスポンシブデザイン反映後のスマートフォンでの表示

 

三本線の箇所がグローバルメニューです。MENUを押すと、カテゴリーが表示されます。

f:id:knonononai:20210905124400j:plain

カテゴリーの表示

 

ここを直したい…

何とかそれっぽくグローバルメニューを設置できたのですが、2点直したいと思っています。

 

  • 左側に寄っているグローバルメニューを中央(タイトルの真下)に移動させたい
  • グローバルメニューから子カテゴリーに飛べるようにしたい

 

あとは、帯の色をグラデーションにしてみたいです。ただ、色のバリエーションが豊富で、こだわり出すと終わらなそうなので、とりあえずそっとしておきます。

 

まとめ

既に丁寧に解説されている記事を見ながら、カテゴリーの階層化とグローバルメニューの設置を行いました。カテゴリーの階層化については問題なく、やり方も覚えたのですが、グローバルメニューには課題が残ります。

 

文字を中央に寄せる方法、子カテゴリーを表示する方法などは調べると出てきます。Kのもいくつかの記事を見ながら試したのですが、思うように変更できませんでした。自分のブログに貼りつける時に、どこか誤っているのだと思います。

 

見栄えがあまり良くないのですが、もう少し慣れてきた頃に再挑戦します。今頑張るとどつぼにはまりそうです…。また経過をお知らせできればと思います。

お家で宮崎 冷や汁とチキン南蛮でお昼

冷や汁ってご存じですか?宮崎県の名物で、麦ごはんに豆腐や薬味と合わせた汁をかけていただく料理です。名前の通り冷たい汁をかけたご飯は、夏にさらっといただけます。

 

自宅で宮崎気分を味わうべく、冷や汁とチキン南蛮風を食べた記録です。

冷や汁とは

農林水産省のHPに説明が載っていました。

 

冷や汁」は、即席のかけ汁で宮崎県の平野部を中心とする郷土料理である。近年は、食文化の情報が広がるにつれて県内に広がり、暑く湿気の多い宮崎県の気候風土の中で根づいていった。自然豊かで山の幸、海の幸に恵まれ黒潮に面した日向灘で採れる新鮮で豊富な魚介類、太陽の恵みを受けた野菜や作物など、美味しい食材の持ち味を生かした食べ方が「冷や汁」である。

冷や汁 宮崎県 | うちの郷土料理:農林水産省

 

Kのは宮崎を何度か訪れたことがあり、ホテルの朝食などで出る冷や汁が気に入りました。夏バテでも難なく食べられそうです。

 

※宮崎のリゾートホテルに泊まったお話↓

knonononai.hatenablog.com

 

用意するもの

今回いただく冷や汁はこちらです。

 

裏面に記載の作り方に則して準備します。

 

冷や汁

・麦ごはん(白米でも可)

・きゅうり (うすく輪切り)少々

・大葉 (緑色の紫蘇の葉) 細切り少々→Kのは今回茗荷で代用しました

・ねぎ (小さく輪切り) 少々

・豆腐 冷や汁1袋(210g)に対して4分の1丁

 

端的に言えば、ごはん以外を冷や汁に入れて軽く混ぜ、最後にごはんにかけます。

 

買うもの

チキン南蛮をスーパーで調達します。もちろん作っていただいてもOKです。

Kのにはチキン南蛮を作れる技術がなく、最寄りのスーパーでも売っていなかったので、チキン竜田揚げを購入しました。タルタルソースも合わせて買いました。

 

※宮崎でチキン南蛮の名店2軒を訪問したお話↓ 竜田揚げとはまた違った美味しさです。

knonononai.hatenablog.com

 

実食

麦ごはんがなかったので白米、チキン南蛮がなかったのでチキン竜田、大葉ではなく茗荷を使用しています。完全再現できておらずすみません。でも美味しかった。写真はごはんに冷や汁をかける前です。白米が浸るくらい冷や汁をかけてからいただきます。

 

f:id:knonononai:20210904144244j:plain

冷や汁とチキン南蛮風

 

原材料を見ると麦すり味噌、鯛、ごま、カシューナッツが入っていることが分かります。鯛とカシューナッツって普段では考えられない組み合わせですが、不自然さは全くなく、ごまとともによい風味を醸しています。

 

鯛はほぐし身で入っているので、主張は強くありませんでした。全体的にあまり嚙まずとも流し込めてしまう食べやすさなので、シャキシャキしたきゅうりが目立って爽やかな印象を残していました。

 

まとめ

宮崎で食べた冷や汁が美味しくて、自宅で再現しました。チキン南蛮風も合わせて、自宅にいながら宮崎気分を味わえました!完全に秋になる前にいただけてよかったです。

 

気になった方は、ぜひ味わってみたください。