けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

【スペイン語】独学でDELE B2取得したくて準備した2つのもの

スペイン語を勉強したい!どうせやるなら目標は高く、DELE B2を目指したい。でも、言語を独学で勉強するには限界があるのでは?

 

そんな疑問を、時間をかけて検証したいと思います。完全独学で社会人をしながらの挑戦なので、DELE B2の取得目標は1年以上先の2022年11月の試験です。もっと時間がかかってしまうかもしれませんが、ひとまずの期限として設定します。

 

現在DELEの勉強をしている方、スペイン語を始めようか迷っている方に、独学の勉強法のヒントが提供できればと思います。気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

DELEとは

インスティトゥト・セルバンテスのHPに説明があります。スペイン教育・職業訓練省が認める正式な資格で、一生ものです。グローバルスタンダードなので、世界のどこでも通用します。

 

DELEスペイン語検定はスペイン教育・職業訓練省の下に、スペイン国外ではインスティトゥト・セルバンテスが実施する、高い信頼性をもったスペイン語の検定試験です。

1988年にスペイン語を母国語としない人々のスペイン語能力を測るテストとしてはじまり、現在DELEは世界100カ国以上で実施されています。スペイン語圏への留学、就職などの際に語学レベルを保証しりものとして国際的に認められています。

https://tokio.cervantes.es/jp/dele_diplomas/information_diplomas_spanish.htm

 

 

※日本国内では「スペイン語技能検定」も実施されていますが、私は断然DELE派です。その理由を記事にしています。

knonononai.hatenablog.com

 

 

語学を独学で取得するために最低限必要な2つのもの

語学を独学で取得したなら、最低限必要なものは辞書と文法書です。

 

辞書がなければ単語の意味が分かりません。文法書がなければ、1つのフレーズを覚えても、その構造が理解できないので応用が利きません。

 

もう1つ付け加えるなら自分のレベルにあった単語帳ですが、こちらは自分で作ることもできるので、優先順位は3番目にしました。

 

 

カシオ 電子辞書 追加コンテンツ スペイン語

ということで、まずは辞書です。Kのはずっとカシオの電子辞書を愛用しています。フランス語のモデルを使っているので、スペイン語は追加機能として購入しました。

※自分が使っているモデルと互換性があるか、お確かめのうえご購入ください。

 

これからスペインを勉強するために電子辞書を購入するなら、カシオのスペイン語モデルを選ぶとよいです。下記のモデルだと、ポルトガル語も収録されているみたい…!

 

紙の辞書である必要は感じないですが、辞書アプリより電子辞書を勧めます。辞書アプリだと調べるのにスマートホンを触り続けることになり、誘惑に弱いとSNSを開きたくなってしまうからです。

 

 

新版 スペイン語の入門 《CD付き》(瓜谷 亮平・瓜谷 望/白水社)

手軽な文法書として、こちらを選びました。何冊か検討したのですが、結局Amazonのレビューが良いものにしました。

 

まだちょっとしか見れていませんが、単元ごとに練習問題が付いていてよい感じです。

 

 

おまけ 語学バックグラウンド

Kのはイタリア語でCILS B2を取得しています。イタリア語とスペイン語は近い言語と言われており、副詞はほとんど同じ単語が使われることがあります。イタリア語が分かるから、スペイン語も勉強すればできるようになるのでは、と楽観的に構えてDELE B2という高い目標にしました。

 

スペイン語学習において、イタリア語の知識はどれだけ役に立つのか。逆にスペイン語独自で苦労するのはどんなところかも、勉強しながら紹介できればおもしろいかな、と考えています。

 

※CILS B2取得したお話↓

knonononai.hatenablog.com

 

 

フランス語についてはDELF B2を独学で取得しました。なので、言語を独学で取得する方法について、何となく確立しつつあります。そういった点にも着目し、言語独学する人を応援したいです。

※DELF B2取得したお話↓

knonononai.hatenablog.com

 

 

まとめ

DELE B2を取得したくて購入したものを2つご紹介しました。必ずしも同じものでなくてもよいのですが、辞書と文法書は準備して勉強しましょう。

 

新しい言語を学ぶのはドキドキしますが、楽しみながら身に着けたいです。

【留学経験】社会人生活でどのように活かせるか

留学経験はその後のキャリアにどう活かせるのか。

 

  • 留学を考えている方
  • 留学中の方
  • 留学から帰ってきて、就活準備をしている方

 

なら、気になるところだと思います。

 

今回は、イタリアに1年弱留学経験のある私が実際どのような仕事をしているのか、仕事のどのような場面で留学経験が活かせているのか、ご紹介します。

 

留学経験者の中では、もっと留学経験と直結する仕事をしている人、もしくはその逆で留学とは全く関係のない仕事をしている人、どちらもいると思います。

 

私の場合は、留学経験が活かせている場面も多少はありつつ、もろ留学経験と被る仕事内容でもありません。その両端の中間あたりの例として、ご参照ください。

 

 

 

留学経験と職種

イタリア留学生活

私は1年弱イタリアに留学していました。

 

日常生活はもちろんイタリア語、友達との会話もイタリア語、一部の留学生向けの授業を除いて全てイタリア語のイタリア語漬け生活でした。そのため、英語を話す機会は留学生向けの限られた授業くらいで、ほとんど上達していません。

 

イタリアでは初対面で握手したり、帰り際に両頬にキスしたりする挨拶が日常でした。日本では何だか恥ずかしくてできそうにないですが、この辺りは慣れで習得しました。

 

現職

そんな経験を経て、今の仕事では海外から製品を買っています。英語のメールは毎日のように読み書きしますし、電話で問い合わせることもあります。

 

就職面接で、留学経験と海外との取引に興味があるようなことを話したので、今の業務が割り当てられたのだと思います。

 

 

英語でのメール/電話

英語圏に留学した経験がある方なら、英語でのメールや電話は、他の人より自信を持ってできるのではないでしょうか。

 

英語でやりとりができることは、多くの職場で重宝されること間違いないと思います。大学でよほど英語に力を入れていなければ、基本的な文法はなんとなく分かっても、ビジネスレベルの英語でやり取りすることは難しいです。

 

私はイタリアに留学してイタリア語を習得しましたが、今の仕事では残念ながら全くイタリア語を使っていません。使う機会があれば嬉しいですが、仮にイタリアの会社と取引する場合でも、英語でのやり取りになると思います。

 

イタリアに留学した人の中にはイタリア製品を輸入していて、イタリアに支店がある会社に就職する人、イタリアとは全く関係なく日系の会社に勤める人などもいて、本当に様々です。

 

そのため、留学で習得した言語を活かせるかどうかは、就職先によります。英語であれば、多くの会社で活かす機会があると思います。

 

中国語やスペイン語ができる人材であれば、より珍しく貴重ですが、現時点でどこでも活躍できる言語は、英語で間違いないでしょう。

 

 

海外の方とのコミュニケーション

英語が何となくわかるだけでなく、実際に海外から取引先の方が来た時や、海外の会社との打合せで大事なのは、物おじせずコミュニケーションがとれることです。

 

海外の方と英語での会話に慣れていないと、言葉は詰まって焦るし、おどおどしてしまいますよね。

 

でも、留学で海外の方とのコミュニケーションに慣れていれば、自己紹介の時にさっと握手ができたり、目を見てしっかり話せたりすると思います。これらは、場数を踏めばできるようになることです。

 

こういったコミュニケーションに対する慣れは、留学経験で培われた部分が大きいと思います。

 

 

ここじゃなくても何とか生きていけるだろう

最後に、留学経験で得られた中で、最も大きなことをお伝えします。実際の仕事に直結しているわけではないですが、人生を通して役に立つことだと思います。

 

それは「ここじゃなくても、何とか生きていけるだろう」というふわっとした自信です。「ここ」というのは、例えば日本だったり、東京だったり、今の職場だったりを指しています。

 

海外留学の経験があるということは、「自分は他の国でも生活できた実績がある」ということですよね。自分が今いる場所に満足している場合は、あまり考える必要のないことなのですが。

 

社会人生活は長いので(新卒~定年で40年以上!)、いつでも今/ここが最良とは限りません。時と場合によっては、今すぐにでも逃げ出したいことも残念ながらあるかもしれません。

 

そういう状況になった時に、日本以外で生活した経験がないと「自分にはここしかない。ここで頑張るしかない」と自分を追い込んでしまうかもしれません。

 

でも、留学経験があると、「ここじゃなくても何とか生きていけるはずだ」と少し心に余裕が持てる気がするんです。

 

仕事に直結する内容ではないですが、心の持ちようとして、1つ大事なことだと思います。

 

 

まとめ

留学経験が社会人生活にどのように活かせているのか、仕事のどんな場面で役に立つのかをご紹介しました。

 

1年ほど海外で過ごしていれば、日本では難なくできることができなかったり、トラブルに見舞われても英語で対応しなければならなかったりします。そういった経験から「自分はここじゃなくても何とか生きていけるだろう」というふわっとした自信が生まれます。

 

これが、留学生活で得られたものの中では大きく、社会人生活の辛い場面を支えてくれることだと思います。

 

留学を検討している方、留学経験をどう活かそうか悩んでいる方の役に立てば嬉しいです。

 

 

※長期の留学を決める前に、1カ月の短期留学をした話。

knonononai.hatenablog.com

 

 

※非英語圏に留学するメリット/デメリットをまとめてみました。

knonononai.hatenablog.com

非英語圏に留学するメリット/デメリット

留学するとしたら、どこの国を選びますか。コロナ前の2019年度のデータを見ると、日本からの留学者数ランキング上位5カ国は、下記のようになっています。

 

  1. アメリカ合衆国 18,138人
  2. オーストラリア  9,594人
  3. カナダ      9,324人
  4. 韓国       7,235人
  5. イギリス     6,718人

 

この後に中国、タイ、台湾、フィリピン、マレーシアと続きます。

 

アジア圏への留学も人気が高いですが、依然として上位は英語圏(アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス)が占めていることが分かります。

 

(参照) 文部科学省

https://www.mext.go.jp/content/20210617-mxt_gakushi02-100001342.pdf

 

今回は、非英語圏であるイタリアに1年弱留学した経験から、非英語圏に留学することのメリット/デメリットを検討します。

 

  • 留学に関心がある方
  • 留学先で悩んでいる方
  • 英語以外の言語を習得したい方

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

メリット

まずはメリットから紹介します。

 

英語以外の言語を習得できるチャンス

これが最も大きいのではないでしょうか。

 

正直に言うと、英語の教材は余るほどありますし、日本で簡単に購入することができます。英会話レッスンのサービスも沢山種類があります。

 

他の言語はどうしたって、英語ほどの教材を集めることはできません。学習者が少なければ、仕方のないことでしょう。

 

でも、一度基準を世界に移すと自国の言語、英語の他にもう1つ、2つの言語を話せる人は、実は珍しくありません。

 

例えばスペイン語母語の人であれば、イタリア語やポルトガル語は特別に時間をかけて勉強しなくても、何となく話していることを理解できるレベルにあります。日本人であっても、中国語や韓国語はしっかり勉強しないと理解できないことを考えると、羨ましい状況ですよね。

 

日本では英語を流暢に話せるだけでも素晴らしいとされますので、英語の他にもう1つ言語ができると「3か国語話せる」貴重な人材になれます。

 

※私が利用していた英会話レッスンはBizmates(ビズメイツ) です。

 

現地の人と仲良くなりやすい

留学生として現地の大学に行くと、始めは気を使って英語で接してくれる学生が多いかもしれません。

 

それでも、留学生が自分の国の言葉を勉強して話してくれる姿を、嫌だと思う人は稀です。日本への留学生が頑張って日本語を勉強していれば応援したくなりますし、日本語ペラペラな留学生はすごい…!と感心しますよね。

 

その国の言葉がマイナーであればあるほど、わざわざ勉強して話そうとする姿勢は、現地の方に喜ばれます。留学先の学生はもちろん、例えばそのご家族に会える機会があった時など効果抜群です。英語が全く話せない学生は少ないですが、年配の方も英語を話せるとは限らないからです。

 

ユニークな経験ができる

先に見たように、日本からの留学先としては英語圏が人気です。そのため「アメリカに1年間留学しました」という経験は、もちろん素晴らしいのですが、珍しいものではなくなっています。

 

同じ国に留学しても、その国での経験は人それぞれであることは間違いありません。でも、そもそも日本からの留学生が少ない国へ留学であれば、その経験がユニークなものであることは確かですよね。

 

「せっかく留学するなら、人とは違った経験をしたい」という方は特に、非英語圏を検討する価値があると思います。

 

 

デメリット

続いて、デメリットを紹介します。

 

英語をとにかく伸ばしたい人には不向き

英語圏への留学では、英語が頻繁に使われている国(オランダ、北欧など)でなければ、英語を伸ばすのは難しいと思います。日常的には現地の言葉で生活することになるからです。

 

「自分はとにかく英語を伸ばしたい。人より英語が得意な人ではなく、ビジネスレベルでも使えるようにしたい」という方であれば、やはり英語圏を選ぶべきでしょう。

 

教材が少ない

現地の言葉を勉強しようとする時、マイナーであればあるほど、教材が少ないです。

 

例えば「旅先で使える会話集」や「初級者向け教材」は簡単に見つけられるかもしれません。

 

でも、そこからレベルが急にとんで、大学で専門的に学んでいる人向けの教材になったり、中級程度で自分に合った教材を探すのが難しくなったりする場合があります。

 

情報が少ない

教材が少ないことと同様で、留学者が少ない国の場合、実際に留学した人たちの経験を知る機会が少ないです。

 

特に留学の場合は旅行と違って、滞在許可や奨学金など留学生活に直結する重要なことは、事前に調べる必要があります。

 

英語圏の人気がある国であれば、留学者が書いたブログを読んだり、大学の先輩から話を聞いたりできるでしょう。でも、前例が少ない留学先であれば、ある程度自分で留学生課に聞いたり、大使館のHPを調べたりしなければなりません。

 

「留学準備、留学中の苦労を、自分の後に留学する人のために役立てたい」と思える人であれば、前例がなくてもきっと素晴らしい留学に近づけるでしょう。

 

まとめ

英語圏への留学のメリット/デメリットをまとめました。

 

情報や教材が少ないという苦労はあるものの、ユニークな経験と3か国語目の習得という財産が得られるという点で、ぜひ検討してみてほしいと思います。

 

※長期留学前に短期留学を試したお話。

knonononai.hatenablog.com

 

 

※イタリア留学の経験からCILS B2に合格したお話。

knonononai.hatenablog.com

【Georg Jensen】読書好きが愛用している、金属製のおしゃれなしおり

読書をするとき、しおりを使っていますか。本にもともと付いているひもを使ったり、ページを折って目印にしたりしている方もいますよね。

 

しおりを使っている方は、どのようなしおりを使っていますか。紙製、木製、金属製…といくつか種類があります。

 

今回は、読書が好きでいろんな分野の本を月に2~3冊読んでいる私が、愛用している金属製のおしゃれなしおりを紹介します。本の厚みや装丁にかかわらず使用することができ、丈夫で長持ちするうえ、おしゃれなのでとても気に入っています。

 

 

Georg Jensen SHADES ブックマーク

Georg Jensen

アクセサリー、腕時計、食器類、小物を扱っています。100年以上続く、シンプルで飽きがこない、洗練された北欧デザインの製品を手掛けるブランドです。

 

今回はしおりをご紹介しますが、洗練されたアクセサリーや食器は、眺めるだけでも楽しいです。

 
SHADES ブックマークのいいところ
 
 
いいところが沢山あります。

  • 本の厚みにかかわらず、使うことができる
  • ソフトカバーでもハードカバーでも挟みやすい
  • 金属製で、丈夫で長持ち
  • 先端が平らになっているので、本に差し込みやすい
  • リングの部分を引けるので、本から抜きやすい
  • シンプルでおしゃれなデザイン
 

f:id:knonononai:20210911122639p:plain

SHADES ブックマーク

 

実際に使っている写真とともにご紹介します。
 

f:id:knonononai:20210911122753p:plain

厚みの違う4冊の本
 
上から順に①ソフトカバー(小)、②ソフトカバー(中)、③ハードカバー(中)、④ハードカバー(大)です。
 
 
①ソフトカバー(小)
 

f:id:knonononai:20210911123405p:plain

①背表紙

 

f:id:knonononai:20210911123455p:plain

①上面

 

 

②ソフトカバー(中)

 

f:id:knonononai:20210911123529p:plain

②背表紙

 

f:id:knonononai:20210911123552p:plain

②上面

 

 

③ハードカバー(中)

 

f:id:knonononai:20210911123738p:plain

③背表紙

 

f:id:knonononai:20210911123839p:plain

③上面

 

 

④ハードカバー(大)

 

f:id:knonononai:20210911123921p:plain

④背表紙

 

f:id:knonononai:20210911124002p:plain

④上面
 
どのサイズの本でも、すっと挟み込めます。シンプルなデザインなので、読書の時間を邪魔しません。
 
 

(おまけ) SHADES ブックマークを使っていて焦ったこと

国内線の飛行機に搭乗する機会があり、このしおりを挟んだ本を、機内に持ち込みしようとしていました。

 

保安検査を通るときに、金属製の鋭利なデザインから、刃物?と疑われて荷物を確認されたことがあります。もちろんすぐにしおりだと分かってもらえましたが、一瞬ちょっと焦りました。

 

このしおりを何回か機内持ち込みしたことがありますが、手荷物検査をされたのは、今のところ1回だけです。検査されても、説明すればよいだけなので、心配することはありません。

 

余談としてお知らせします。

 

 

まとめ

Gerog JensenのSHADES ブックマークをご紹介しました。

どんな本にも挟みやすく、丈夫で長持ちするため、これから先も愛用していくつもりです。

 

金属製のおしゃれなしおりを探している方の、参考になれば嬉しいです。

【Google AdSense】無料はてなブログで、審査に一発合格しました

審査が厳しい、特に無料ブログでは難しいと言われているGoogle AdSense

 

何回か落とされることを覚悟していたのですが、はてなブログ無料版でも、あっさり1回の審査で合格することができました。嬉しいのはもちろんですが、結構驚いています。

 

とはいえ、何の準備もなしで申請したわけではありません。

 

今回はブログを初めて2カ月未満で、Google AdSenseの審査に1回で合格した理由を考察します。

 

 

参考になれば嬉しいです。

 

※私はれどさんの記事を見ながら準備しました。丁寧で、分かりやすい記事です。とてもありがたいです。

【Google AdSense(アドセンス)】「無料版はてなブログ」でも合格可能|独自ドメイン無しで最短で審査を通すための方法 - redoブログ

 

 

Google AdSenseとは

Googleが提供している、ブログ内に掲載することで、ブログの読者がクリックすると収益が発生する広告です。

 

こちらから申請できます。

Google AdSense - ウェブサイトを収益化

 

※具体的な申請方法は、WEB学園さんが手順を追って解説してくれています。

【導入手順付】アドセンスの仕組み・稼ぎ方・収益目安 | Web学園 byお名前.com

 

 

審査前に準備したこと

Google AdSenseのため

Google AdSenseの審査のために、特に意識して準備したのは以下です。

 

  • プライバシーポリシー
  • お問合せフォーム

 

れどさんの記事にならって、この2つは準備してから申請しました。

 

あくまで私の場合ですが、この2つ以外は特に意識して準備したものはありませんでした。「あとは、グローバルメニューを設置した方がいいんだよね、きっと」と思いつつ、申請した時点では、まだできていなかったです。グローバルメニューは申請した後に設置しました。

 

ブログ全般のため

特にGoogle AdSenseのためではありませんが、よいブログと評価されるには必要なことなのかなと思い、申請前に実施した項目です。ご参考までにご覧ください。

 

  • 目次をつける
  • 本を紹介する時は、タイトルだけでなく作者と出版社も明記する

 

今なら当たり前じゃんと思うのですが、ブログを書き始めた時は目次の付け方も分かりませんでした。目次を付けていなかった記事に目次をつけ、本のタイトルしか書いていなかった記事には作者と出版社も明記しました。

 

 

審査中に設置したもの

グローバルメニューです。グローバルメニューを設置するために、カテゴリーを整理することも行いました。グローバルメニューを設置した5日後に合格通知が届いたのですが、因果関係は分かりません。

 

本当は審査前に設置したかったのですが、「コード?何それ?」という状態で、ちょっと重い腰が上がらなかったんです…。

 

最初はビビりながらコードを切って貼ってしていましたが、なんとかそれっぽい形式にすることはできました。まだ改善したいところがあるので、時間を見つけて、より使い勝手の良いグローバルメニューにしたいです。

 

※グローバルメニューを設置したお話

knonononai.hatenablog.com

 

 

審査期間

2021/08/23(月) 申請

2021/09/10(金) 合格通

 

なので、3週間弱ですね。1~2週間で結果が出ると思っていたのですが、意外と時間がかかりました。

 

設定していたメールアドレスに、「お客様のサイトでAdSense広告を配信する準備が整いました」という件名で通知が届いていました。メールを開く前から結果が分かりました。

 

 

審査合格時の記事

2021/09/10時点で

 

  • 合計記事数: 38記事 (プライバシーポリシー、お問合せフォーム含む)
  • 1記事あたりの文字数: 約2,000字
  • 合計アクセス数: 262 (はてなブログアクセス解析調べ)
  • ブログ開設からの経過日数: 53日

 

以上の状態でした。

 

 

まとめ

以上、まとめると下記の3つがポイントなのかなと思います。

 

  • プライバシーポリシー
  • お問合せフォーム
  • グローバルメニュー

 

最低限、この3つを準備してから申請してみてください。

 

実は、申請に通ったものの広告の貼り方がまだ分からず…。調べながら広告を貼れるようになりたいです。

 

Amazonアソシエイトに一発合格したお話はこちら。

knonononai.hatenablog.com