けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

【自己紹介】けーのののーない こんなブログです

こんにちは。

初めまして、Kのです。ご訪問ありがとうございます!

ブログタイトルの通り、Kのの脳内(けーのののーない)を少しずつご紹介するブログです。

 

Twitter: Kの @knonononai

 

 

自己紹介

20代後半女性

職業: 都内の会社員。営業職です。

出身: 北の方の山が多い県です。でも海派。

趣味: 語学、読書、旅行です。

性格: 落ち着いている、マイペースと形容されることが多い人生です。

 

「けーのののーない」由来: 

学習してきた言語、これまで読んだ本、行ってみた場所をメインに、考えをまとめてみようと思い立ってできたブログです。

 

あと、某女性タレントさんみたいに「ののの」と並べて見ると、語感がいいかなと思いました。

 

 

ブログアイコン: 初期設定のままは良くない思い、自分で描いて写真を撮りました。

猫が本と地球を携えている様子です。

  

 

語学のこと

さいころから海外に興味があり、英語もどちらかと言えば得意な方でした。

 

大学に入って、自分より英語ができる人は山ほどいる…!という現実に直面し、

(特に仲の良い友達が、ネイティブみたいにペラペラ英語を話せました。)

 

「英語だけで勝負するのは大変そう…。せっかくだから他の言語もやってみよう」というモチベーションで、イタリア語に取り組み、イタリア留学に至りました。

 

 

語学の資格:

CILS(イタリア語)B2取得(在学中)

TOEIC 920点取得(社会人になってから)

DELF(フランス語)B2取得(社会人になってから)

 

 

将来勉強したい言語: ポルトガル語、中国語、インドネシア語

今はDELE B2を目指してスペイン語を勉強中です。韓国語も少しだけ。

 

 

TOEIC920点 英語

社会人になってから受験しました。10カ月頑張って、初受験で920点をとることができました!

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

DELF B2 フランス語

こちらも社会人になってから勉強しました。大学の第二外国語はフランス語でしたが、DELF B2は全く別レベルですので、独学で頑張りました。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

CILS B2 イタリア語

イタリアに1年弱留学し、帰国後に受験しました。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

DELE B2 (勉強中) スペイン語

現在進行形で勉強中。イタリア語に似ているので、有利ではあるはず…。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

読書のこと

小説から学術書まで、割と広く?いろんな分野の本を月に2~3冊読んでいます。既に記事にしているものがいくつかあるので、ご紹介します。

 

 

小説

「ぼくイエ」はとてもお勧めです。小学生から大人まで幅広い年齢層の方が、読んで考えられる話だと思います。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

エッセイ

益田ミリさんのエッセイが好きです。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

ビジネス本

キャリアやビジネスを考える本も、時々読みます。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

学術書

学術書も読みます。下の記事で紹介している「ブルシット・ジョブ」は、私の印象に残る本、TOP3に入ります!

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

旅行のこと

イタリアに1年留学している間に、割とあちこち旅行できました。国内も時々旅行します。

 

 

アメリ

アメリカ(カリフォルニア)

 

南アメリカ

ブラジル(サンパウロ他)

 

アジア

インド(デリー、ジャイプル他)、ミャンマー(ヤンゴンバガン他)、スリランカ(コロンボ)、台湾、インドネシア(ジャカルタ、バリ島)

 

中東

トルコ(イスタンブル)、イラン(テヘランイスファハン他)、オマーン(マスカット他)

 

ヨーロッパ

イタリア(ベネチア、ミラノ、ローマ、ナポリサルデーニャ島他)、スウェーデン(ストックホルム他)、クロアチア(ザグレブ)、チェコ(プラハ他)、オーストリア(ウィーン)、イギリス(ロンドン他)、ルクセンブルグ、オランダ(アムステルダム他)、ベルギー(ブリュッセルアントワープ他)、ロシア(モスクワ)、ポーランド(ワルシャワクラクフ他)、スロベニア(リュブリャナ)

 

アフリカ

ロッコ(カサブランカマラケシュ他)

 

 

行ってみたい場所

フランス(パリのおしゃれなカフェ、ブドウ畑、モンサンミッシェル)、

スペインの海鮮がおいしい街、ギリシャの神殿、タイ、ベトナム

オーストラリアのエアーズロックリオデジャネイロ、ウユニ塩湖、死海

 

 

こんなブログにしたい(暫定)!

言語を独学である程度習得できる勉強法、教材選びとその使い方、読書の記録、旅行の備忘録、はまっているものやオススメ品紹介…

 

  • 言語を独学で勉強している/したい方
  • 語学の資格を取りたい方
  • 読書好きな方
  • 旅行気分を味わいたい方

 

適度に役立ち、ゆるっと楽しんでもらえる。そんなブログにしたいです!

【フランス語】DELF B2 社会人でも約8カ月で達成できた、勉強のスケジュール

フランス語学習者の中には、留学要件などで中上級であるDELF B2の取得を目指す方がいらっしゃると思います。DELF B2のレベルは下記の通り、合格は簡単なことではありません。

 

DELF B2レベルでは、使用者はさらに自立の度合いを増し、自分の意見を主張するために筋道の通った議論の流れを作ることができ、自分の意見を展開し、交渉することができます。このレベルの受験者は、社交的な談話の中で流暢に会話を交わし、自分の間違いを自分で修正することができるようになっています。

 

 

DELF B2

 

 

今回は、平日は社会人として仕事をしながら終業後と休日にフランス語を勉強し、本格的に勉強を開始してから約8カ月でDELF B2に合格できた、勉強のスケジュールをご紹介します。

 

 

私はフランス語のレッスンは全く受講せず、必要最低限の教材を揃えて、無料のアプリなどを駆使して勉強しました。

 

自分がDELF B2合格のために割ける勉強時間と比較しつつ、参考になるところがあれば取り入れてみてくださいね!

 

 

 

本格的にDELF B2対策をする前のフランス語力

フランス語の知識0の状態から、8カ月でDELF B2を達成できたわけではありません。

 

大学生の頃、第二外国語でフランス語を選択し、1, 2年生の間はフランス語の基礎的な授業が90分×2コマ/週でした。3年生ではもう少し専門的なフランス語の授業を選択し、90分×1コマ/週でした。

 

 

当時からフランス語に興味はあったものの、フランス語の研究室に所属していたわけでもなく、大学の授業を受けるだけではDELF B2には合格できません。

 

本格的にDELF B2に向けて勉強開始するまでに、最低限のフランス語の基礎は知っていましたが、それ以上の能力はなかったということです。

 

 

DELF B2受験までのスケジュール

本格的に勉強を始めたのは2020年の11月頃、DELF B2を受験したのは2021年の6月です。初めて受けたこの6月の試験で、DELF B2に合格しました。DELF/DALFは受験料が高いので(DELF B2で15,000円)、1回で合格できてとても嬉しかったです。

 

平日 約1時間半、休日 約5時間くらい勉強していたと思います。

 

 

2020/11 フランス語の基本的な文法事項のおさらい

「DELF B2を次の年の6月に受けよう」と決めてから1番最初に取り組んだのが、基本的な文法事項のおさらいです。大学の授業で基礎的なことは学んでいましたが、長年フランス語に触れていなかったので、当然多くのことを忘れていました。

 

一から完璧に復習しようとするとものすごく時間がかかるので、小辞典でさらっと全体を見返しました。

 

 

かんたんフランス語小辞典ー2ページで早わかり (鈴木 豊他/朝日出版社)

 

 

 

2020/12~2021/2 フランス語の語彙を増やす

基本的な文法事項を思い出してきたら、DELF B2に頻出の語彙を増やします。残念なことに、日本語ではDELF B2向けの単語帳などは見つからなかったので、世界のフランス語学習者からの評価が高い教材で勉強しました。

 

ドイツの出版社が出しているようで、Amazonで注文して輸入することになりました。ちゃんと届くか少し不安はありましたが、注文してから2~3週間後には郵便受けに届いていました!国内配送より取寄せに時間がかかるので、早めに準備しておくことをお勧めします。

 

 

時間が少ないことが分かっていたので、見開きの右ページの問題は解かず、左の語彙だけをひたすら調べてノートにまとめました。

 

 

Vocabulaire progressif du francais-Nouvelle edition B2-C1.1/Klett Sprachen GmbH

 

 

 

回答は別売りなので注意してください。問題集と一緒に注文してしまいましょう。私は回答が別売りなことに気づかず、後から慌てて買い足しました。

 

Vocabulaire progressif du francais-Nouvelle edition B2-C1.1 Corrigé/Klett Sprachen GmbH

 

 

 

2021/3~5 フランス語を沢山聞く、長文に慣れる、実際に書いてみる

ある程度DELF B2で出てくる語彙を調べることができたら、さっそく問題集に取り組みます。本番に近い練習を何度も繰り返すことが、1番の合格への近道です。

 

 

Reussir le DELF 2010 edition: Livre B2&CD audio/Didier

 

 

 

こちらの教材は、教育関係の書籍を出版している、フランスの会社から出ているようです。つまり、こちらも輸入品になります。Amazonで注文して、2~3週間後に届きました。

 

 

私は、この教材がなければDELF B2に合格できなかったと思います。タイトルの通り、DELF本番の内容を意識した構成で、合格への最短ルートで勉強できます。

 

この教材を試験本番までに全て解き、分からない箇所はHello Talkで質問するということを繰り返しました。

 

 

※Hello Talkについては、こちらをご覧ください。

knonononai.hatenablog.com

 

 

この教材を1冊全部やりきり、筆記の課題をHello Talkで添削してもらえば、リーディングとライティングの力はかなり伸びるはずです。

 

 

ただ、それだけだとリスニングとスピーキングの力がまだ足りません。特にフランス語はリスニングが難しい言語です。日常的にフランス語を聞く習慣を付けましょう。

 

 

※フランス語のリスニングにお勧めのYouTubeチャンネルをまとめました。

knonononai.hatenablog.com

 

 

2021/6/6 DELF B2受験(リスニング、リーディング、ライティング)

そして迎えたDELF B2当日。1番最初の設問であるリスニングが難しくて、心が折れかけましたが、リーディングとライティングで挽回しました。

 

※手ごたえと実際の点数を公開しています。

knonononai.hatenablog.com

 

 

2021/6/7~2021/6/19 ひたすらフランス語を話す練習

この期間が1つのポイントです。

 

私が受験した会場は、リスニング、リーディング、ライティングとスピーキングの試験日が異なりました。つまり、先の3科目を終えてスピーキングの試験を受けるまでに約2週間の猶予があったのです。

 

 

それが分かっていたので、3科目受験の直前はスピーキングの練習をいったん保留し、3科目の勉強に集中しました。3科目の受験が終わった日から、ひたすらスピーキングに励むという作戦で進めました。

 

約2週間だけでスピーキングを合格レベルまで上げるのは大変なので、リスニングと一緒にシャドーイングしたり、リーディングとライティングの教材を声に出して読んだりということはしていました。

 

 

ですが、本格的にDELF B2の試験形式でスピーキング練習に集中したのは、ほとんどこの2週間だけでした。

 

 

試験会場によってスピーキングの日程は異なると思うので、自分の受験スケジュールをよく確認し、作戦を立ててください。

 

 

2021/6/20 DELF B2受験(スピーキング)

約2週間の突貫工事的スピーキングでしたが、それまでの期間のシャドーイングなどの効果もあり、なんとか合格水準までは持っていくことができました。

 

 

※私がスピーキングで意識していることをまとめました。英語についての記事ですが、フランス語にも十分当てはまります。

knonononai.hatenablog.com

 

 

まとめ

社会人でも、約8カ月でDELF B2を達成できたスケジュールをまとめました。最適な教材を準備して、後はそれをどんどんこなして力をつけていきましょう!

【ブログ4カ月目】PV(アクセス)数、収益、試してみたこと

ブログ初心者による4カ月目の振り返りです。

 

初心者といいつつ、4カ月で90記事ほど書いてきました。記事数は着実に増えていますが、中身の成長が伴っているか不安...。そんな最近です。

 

 

記事数 (2021/11/01~30)

20記事書きました。合計は90記事です。

 

先月の振り返りで、11月も20記事書くことを目標にしていました。達成できてよかったです。

 

 

PV(アクセス)数 (2021/11/01~30)

Google Analytics PV数: 481 (2021年10月: 347)

はてなブログ アクセス解析: 317 (2021年10月: 175)

 

 

PV数が30を超えるの日もあれば、本当に0だった日もあります。PV数が多い日はもちろん嬉しいのですが、1桁の日もまだまだあって、ばらつきがある印象です。

 

PV数が多い日は、どうしてなのか理由を知りたいのですが、いまいち分からず…。Google Analyticsで見てみても、流入経路も見られている記事もばらばらなので、運なのかな?と思っています。

 

 

DELF/DALFの試験が11月にあったことで、フランス語学習の記事を見に来てくれた方が多かったです。それが主な理由で、今年8月にブログを始めてから、最もアクセス数が多い月になりました。

 

 

収益 (2021/11/01~30)

0円です。0円の報告だと参考にならないかもしれませんが、今後の記録という意味でも残しておきます。

 

登録しているASPサイトは3つです。

 

 

もしもアフィリエイト

かんたんリンクをよく使用しています。

 

 

A8.net

広告の種類が豊富です。

 

 

afb

初心者に優しいです。

カンファレンスバナー

 

 

最も読まれた記事

11月にもDELF/DALF(フランス語)の試験があったので、6月に私が受験した感想と点数を開示した記事が最も読まれました。

 

試験を受けた人の感想や、既に合格した人の試験の手ごたえと実際の点数は、やはり受験者の方には気になる情報ですよね。

 

 

※こちらの記事です。

knonononai.hatenablog.com

 

 

試してみたこと

11月に試したことは、まとめ記事の作成です。国内の貸切風呂付の宿を紹介した記事がいくつかあったので、このタイミングでまとめてみました。

 

 

宮崎、別府、阿蘇の3カ所で温泉の記事をそれぞれ書いていたので、九州というくくりで紹介しました。そのまとめ記事の中で、個別の記事のリンクを貼っています。

 

ある程度、記事が蓄積されてきたからできることなので、結構書いてきたなあと実感しました。

 

 

※こちらの記事です。

knonononai.hatenablog.com

 

 

振り返り (2021/11/01~30)

11月に書いた記事は、ほとんどが国内旅行か海外旅行についてでした。旅行していた時に記録していたマイブックと、撮った写真を見ながら、自分がどこでどんなことを考えたのか、振り返りながら書きました。

 

改めて記事にしようとすると、行った場所と撮った写真の場所を一致させるために調べるので、旅の記録が蘇るようでした。

 

 

旅行で行っただけだと、現地に住んでいる方や、旅行代理店のような詳しい記事は書けません。

 

でも、自分が文章と写真で振り返って楽しめるものが増えたので、それはそれでよいのかなとも思います。

 

 

※旅の思い出も残しておけるマイブック、お勧めです!

knonononai.hatenablog.com

 

 

一方、目標にしていたスペイン語の勉強は、思ったよりできていないかも…。文法事項は一通り目を通して、DELE用の教材も準備したいと思います。

 

 

目標 (2021/12/01~31)

年内100記事を目標にしているので、12月に10記事書けば、目標達成できるところまできました。

 

読んでもらえるブロブにするには、記事の量だけではなく、質も大事です。ただ、質は量をある程度こなさないと、伴わないだろうとも思います。

 

 

  • 残り10記事書いて年内に100記事達成すること
  • これまで書いてきた記事の中でも、よく読んでもらっている記事を見直すこと
  • 記事の加筆・修正をしたら、更新日をつけること

 

12月は、この3つを目標にします。本ブログも5カ月目を迎えましたので、徐々に質を上げることに注力したいです。

 

 

読んでくださっている方、ありがとうございます!今年もあと1カ月、風邪などひかれませんよう、ラストスパートかけていきましょうね~

 

 

※3カ月目のまとめはこちら。

knonononai.hatenablog.com

【スペイン語】DELE取得を目指す人に、電子辞書カシオEx-wordが必須な理由

スペイン語を勉強していて、難しいと感じるところはいくつかあります。日本語の文法とは全く異なりますし、英語が得意であっても「動詞の活用」の多さや「形容詞の性数一致」などは馴染みがないでしょう。

 

私を含め、スペイン語学習者を悩ませている「動詞の活用」と「形容詞の性数一致」に対応できる、カシオEx-wordの機能をご紹介します。

 

 

ぜひカシオEx-wordを手元に置いて、使い倒してください!なぜカシオEx-wordが良いのか、その理由を説明します。

 

 

※私はフランス語の資格DELF B2を取得しており、その時もカシオEx-wordのお世話になりっぱなしでした。紙の辞書や辞書アプリよりも電子辞書をお勧めする理由は、こちらの記事をご覧ください。

knonononai.hatenablog.com

 

 

※フランス語学習用のカシオEx-wordを持っていたので、スペイン語の辞書機能は後付けで購入しました。

knonononai.hatenablog.com

 

 

スペイン語を勉強してみて難しいこと

スペイン語を勉強し始めて、約1カ月が経過しました。今はまだ、基本的な文法事項を学んでいる段階です。それにしても、既にスペイン語大変…と感じるのが「動詞の活用」と「形容詞の性数一致」です。

 

 

動詞の活用

日本語であれば、私が主語でも君が主語でも、動詞の形は変わりませんよね。「私は考えます」も「君は考えます」も日本語として成立します。

 

英語であっても、”I think.”も”You think.”も文法的に正しいです。主語が3人称単数の時だけsがついて、”He thinks.”または”She thinks.”になりますよね。英語の動詞で最も活用の種類が多いbe動詞であっても、am, are, isの3種類しかありません。

 

ところが、スペイン語だと…主語それぞれに対して動詞の活用が変わるのです!つまり6種類の活用形があるということ。pensar(考える)を例にしてみましょう。

 

 

yo pienso 私は考える

tú piensas 君は考える

él/ella/usted piensa 彼/彼女/あなたは考える

nosotros/nosotras pensamos 私たち(男性/女性)は考える

vosotros/vosotras pensáis 君たち(男性/女性)は考える

ellos/ellas/ustedes piensan 彼ら/彼女ら/あなたがたは考える

 

 

ご覧になると分かる通り、pensarが6つ主語に合わせて活用しています。この活用がスペイン語のあらゆる動詞で同様に起こるので、「え?覚えること多すぎない?」という壁にぶつかるわけです。

 

 

形容詞の性数一致

英語の名詞に性はありませんが、スペイン語の名詞には性があります。男性名詞と女性名詞があるということです。

 

「名詞に性ってどういうこと?」と思われるかもしれません。スペイン語の場合、例外はいくつかありますが、oで終わる単語(tío, amigo, niño...)は男性名詞、aで終わる単語(tía, amiga, niña...)は女性名詞です。

 

名詞の性だけでも、英語にはない規則に驚かれるかもしれません。ですが、スペイン語ではさらに、名詞の性に合わせて形容詞が変化するのです。

 

 

blanco(白い)という形容詞を例にします。

 

vino(ワイン)は男性名詞なので、白ワインは"vino blanco"です。しかし、casa(家)という女性名詞と合わせて「白い家」と言いたい場合、"casa blanco"は誤りです。必ず"casa blanca"にしないといけません。

 

 

カシオEx-wordの便利な機能

ここまでで、スペイン語学習者を悩ませる「動詞の活用」と「形容詞の性数一致」について、何となくイメージできたのではないでしょうか。

 

問題は、スペイン語の紙の辞書を引くときに、動詞であれば不定詞(原型)、形容詞であれば男性単数に合わせた形が分からないと、意味を調べられないことです。スペイン語の文章を読んでいて、"pienso"の意味が知りたければ"pensar"、”blanca”の意味が知りたければ"blanco"で探す必要があります。

 

 

「大変そう…」と思った方、カシオEx-wordが、この問題を解決してくれます!具体的にどんな機能を使えばよいか、説明します。

 

 

変化形検索

カシオEx-wordで「現代スペイン語辞典」を開いたら、「見出し語検索」ではなく「変化形検索」に調べたい単語を入力してみてください。

 

”pienso”の不定詞(原型)が"pensar”であることを知らなかったとしても、"pienso"と入力すれば、候補として"pensar"がきちんと出てきます。もちろん、piensas, piensa, pensamos, pensáis, piensanのどれで調べても、"pensar"に辿り着くことができるのです。

 

 

形容詞も同様で、blanca, blancos, blancasのどれを変化形検索に入力しても”blanco”が候補に挙がってきます。

 

スペイン語学習者にとって、これはかなり心強い機能ではないでしょうか。

 

 

活用表

次にお勧めしたい機能が「活用表」です。スペイン語の動詞は、主語に合わせて活用するだけでなく、時制によっても形が変わります。

 

直接法現在、直説法点過去、直接法線過去、直説法未来、直説法過去未来、命令法、接続法現在、接続法過去-ra形...

 

8つの時制で、かつ6つの主語に合わせて動詞が活用するので、1つの動詞でも約48の活用形があるということです。その中でも頻繁に使われる活用形と、文法的に正しくてもめったに使われない活用形はありますが、それにしたって48は多いですよね…。

 

 

カシオEx-wordの「現代スペイン語辞典」で動詞を検索すると、左上に「活用表」があり、そこを押すとその動詞の活用表のページに飛べるようになっています。

 

全ての動詞の全ての活用を暗記するのは非常に厳しいので、動詞を検索する都度、活用表を確認する癖をつけるのがお勧めです。何度も繰り返し見ることで、活用の仕方が身に付いてくると思います。

 

 

まとめ

スペイン語学習者を悩ませる文法の特徴と、カシオEx-wordをお勧めする理由を述べてきました。スペイン語に慣れてくれば不定詞の形、形容詞の男性単数形で調べることができるようになると思います。

 

ですが、スペイン語初心者にとってはそれこそが難しく、時間をとられるところなのではないでしょうか。

 

カシオEx-wordの変化形検索を使えば、活用した動詞でも女性形の形容詞でも、簡単に見出し語に辿り着くことができます。活用表に飛べば、すぐに動詞の活用を復習することができます。

 

スペイン語学習の強い味方、カシオEx-wordと一緒にスペイン語頑張りましょう!