けーのののーない

ゆとり会社員が、独学で4か国語勉強する過程を配信

MENU

【アガサクリスティ】ミステリーの女王の聖地巡礼 風光明媚な港町を満喫


スポンサードリンク

アガサクリスティは、長年にわたって世界中から愛されるミステリーの女王です。

 

名探偵ポアロミス・マープルといったキャラクター名、「オリエント急行殺人事件」、「ナイルに死す」といった作品名なら、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、アガサクリスティ好きによる、アガサクリスティの聖地巡礼旅の様子をお届けいたします!

 

 

  • アガサクリスティが育った街ってどんな感じ?
  • そもそも、イギリスのどの辺?ロンドンからのアクセスは?
  • アガサクリスティの聖地巡礼って、どんな行き先があるの?

という疑問にお答えできればと思います。

 

 

私は小学生の頃、よくアガサクリスティのミステリーを読んでいました。小学生向けに編集されたシリーズだったと思いますが、推理小説という分野を初めて知り、その魅力にわくわくしたのを覚えています。

 

 

小学校の図書館には、アガサクリスティのマンガ版伝記もあり、彼女がイギリス南西部のトーキー出身であることを知りました。

 

その頃から「いつかアガサクリスティの故郷、トーキーに行ってみたい!」と思っていたので、ロンドンを旅行した際に、トーキーも訪問することにしたのです。

 

 

 

 

 

ヨーロッパ内の移動の際は、Go Euro(現 Omio:ヨーロパ交通予約サイト)でバスと飛行機を比較していました。とても便利なアプリです。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

 

 

 

 

ペイントン/Paington

ロンドンから、バスと電車を乗り継いで約6時間。トーキーに行く前に、ペイントンに降り立ちました。デボン州の沿岸を走る、蒸気機関車に乗りたかったからです。

 

 

 

 

ペイントンから蒸気機関車で、アガサクリスティの別荘「グリーンウェイ」に行こうと思っていたんです。

 

 

f:id:knonononai:20211201215443p:plain

ペイントンの蒸気機関車



しかし、まだ観光シーズンとは言えない3月上旬に行ったため、運行日が限られていました。私が行った日は蒸気機関車が走っておらず…。

 

 

事前によく調べていなかったことを、深く反省しました。

 

フライトを取り直して、延泊することも考えました。ですが、生きているうちにきっとまた来れる、いや来よう!という気持ちで、その時はあえなく断念いたしました。

 

 

Dartmouth Steam Railway And River Boat Company

 

 

トーキー/Tourquay

ペイントンからトーキーに移動しました。イギリス南西部にあるデボン州の街の1つで、海に面した美しい街トーキーです。アガサクリスティの故郷です!

 

港町なので、海沿いを散歩できてよい気分です。港には、船が沢山留まっていました。

 

あこがれていた場所に、ようやく辿り着いたんだ…という感動。

 

 

f:id:knonononai:20211201215401p:plain

トーキーの港

 

 

トーキー博物館

その名の通り、トーキーにある博物館です。トーキーの郷土史の他に、アガサクリスティに関する展示があります。トーキーの方々は、世界的な人気を誇るミステリー作家の出身地であることが誇らしいのではないでしょうか。

 

 

 

 

私も、もし自分の出身地から世界的なミステリー小説家が誕生していたら、近くの博物館にはぜひその方の展示を催してほしいと思います。

 

 

アガサクリスティの展示を目当てに行きましたが、地元の歴史や民家の様子が分かる展示も、なかなか面白かったです。

 

当時の家の中が分かるような展示でした。

 

 

f:id:knonononai:20211202210310p:plain

トーキー博物館



目的のアガサクリスティの展示コーナーでは、彼女の著作や、ドラマで使用された衣装を見ることができました。

 

 

f:id:knonononai:20211201214230p:plain

アガサクリスティ作品の数々

 

 

f:id:knonononai:20211201214406p:plain

ミス・マープルの衣装とアガサクリスティのコート

 

 

South Devon and Torbay History Attraction | Torquay Museum | Torquay Museum

 

 

Torre Abbey

1196 年に修道院として建てられ、現在は博物館になっています。長い歴史がありますね…!

 

 

 

 

f:id:knonononai:20211201215106p:plain

Torre Abbey

 

 

Torre Abbeyの敷地内にある庭園には、薬学の知識に長けたアガサクリスティを称えて、毒性の植物も植えられているのです。アガサクリスティ作品では、登場人物の半数以上が毒殺されているとか。

 

知識があってこそ、面白みのある推理小説が書けるのですね。

 

 

f:id:knonononai:20211201215154p:plain

植物園

 

 

Agatha Christie Potent Plants



敷地の中には、カフェも併設されています。イギリスと言えば、アフタヌーンティーが有名ですよね。

 

スコーンとミルクティーを注文しました。ジャムとクロテッドクリームがたっぷりついてきました。

 

可愛らしい水色のポット、優しいスコーンでおしゃれな気分も上がります。

 

 

f:id:knonononai:20211201215235p:plain

スコーンとミルクティー

 

 

まとめ

小学生の頃からあこがれていた、アガサクリスティゆかりの地で、私が実際に訪問した場所をご紹介しました。

 

いつか行ってみたいと思っていた場所に、一人旅で行くことができて、なんだか感慨深かったです。大人になったものだなあ…という感じ。

 

 

小学生の頃の私は、英語を全然知らなかったですし、海外に行ったこともパスポートもなかったです。

 

英語を勉強して、自分で準備して、その場所に行けるくらいには成長したよ、と小学生の私に教えてあげたい気持ちでした。

 

 

トーキーは有名な観光地というわけではありませんが、アガサクリスティファンの方は、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。心が満たされると思いますよ!

 

 

 
 

アガサクリスティ作品はKindle版でも読むことができます。

 

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 広告なし 電子書籍リーダー

 

 

 

Amazon Prime