けーのののーない

ゆとり会社員が、独学で4か国語勉強する過程を配信

MENU

【イスタンブール】2泊3日でもここだけは見たい おすすめ観光スポット


スポンサードリンク

ヨーロッパとアジアの間に位置するトルコの主要都市、イスタンブールは、世界でも人気な観光地の1つです。

 

特に大規模なモスクが並ぶ歴史地区は美しく、異国情緒を楽しむことができます。東洋と西洋が融合し、他では見られない雰囲気です。

 

 

今回は、見所が沢山あるイスタンブールの中でも、2泊3日という限られた日数でおさえておきたい、おすすめ観光スポットをご紹介します。

 

イスタンブールの主な観光スポットはヨーロッパ側に位置し、その中でも新市街と旧市街に分かれます。観光する際は、同じ区画の場所をまとめて周ると効率がよさそうです。この記事では、歴史的建築物が集まった旧市街をメインにしています。

 

 

※モスクに入る時は、半袖短パンなどの露出の高い服装は避け、礼拝中はお祈りをしている方の邪魔にならないよう気を付けましょう。

 

 

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

 

 

 

ブルーモスク(スルタン・アフメット・ジャミイ)/旧市街

イスタンブールを代表する観光地です。ここは限られた時間であっても、見逃したくない場所です!

 

モスク内が青と白のタイルで美しく装飾されています。ステンドガラスの青も印象的で、青ってどうしてこんなに神聖に見えるんだろう…!と感動しました。

 

イスラム教を信仰しているわけではなくても、ただただぼーっときれいな空間を眺めるだけで、なぜか気持ちが楽になる気がします。きらきらと厳かさが共存していました。

 

 

f:id:knonononai:20211019204403p:plain

ブルーモスク内部

 

 

アヤソフィア/旧市街

ブルーモスクと並ぶ、イスタンブールが誇る美しい建築です。ドーム型の天井が特徴的な外観はもちろん素敵ですが、内部には多くのモザイク画が残っており、世界的に見ても価値の高い場所です。

 

光が差し込むステンドグラスは、何度見ても飽きません。

 

 

f:id:knonononai:20211019204451p:plain

アヤソフィア内部

 

 

ガラタ塔からの夜景/新市街

暗くなる前に新市街に移動し、夜にガラタ塔から夜景を眺めました。ガラタ塔は新市街の中でも目立った建物で、頂上から360度パノラマを楽しむことができるんです!

 

 

f:id:knonononai:20211020202119p:plain

夜のガラタ塔



お昼に行けばイスタンブールの街並みがはっきりと見えて、それも素敵だと思うのですが、私は塔がライトアップされる夜に行きました。

 

小雨が降る、あまり良い天気ではなかったにもかかわらず、イスタンブールの街の夜の輝きをはっきりと見ることができました。自分が今、東洋と西洋の間にいることを実感し、ちょっと不思議な気持ちでした。

 

塔の中にはレストランも入っており、イスタンブールの街を眺めながらの食事もできるようです。

 

 

f:id:knonononai:20211019205241p:plain

イスタンブールの夜景

 

 

グランドバザール/旧市街

日本では見られない光景、バザールは中東の国を旅するなら、ぜひ足を運びたい場所です。グランドバザールには、トルコ土産になるような雑貨、トルコランプ、スパイス、スカーフ、Tシャツ、食器など、あらゆるものが売られています。

 

中でも、魔除けの効果があるというナザールボンジュウは、トルコらしいお土産の1つです。青と白の丸いデザインは、実は目玉を表しています。部屋に飾るようなものから、アクセサリーの一部になっているものまで、形式は様々あります。

 

 

f:id:knonononai:20211019204534p:plain

ナザールボンジュ

 


アンティーク風のランプや食器類は、特にかわいくて気になってしまいました。

 

 

f:id:knonononai:20211019204717p:plain

トルコランプ

 

 

シリカ・シスタン地下宮殿/旧市街

ブルーモスク、アヤソフィアの徒歩圏内に、地下宮殿があります。地上だけでも見るべきところが沢山あるのに、地下にまで名所があるのです。

 

地下なので、ひんやりと涼しい空間です。薄暗いのですが、柱に沿ってライトアップされており、神秘的な雰囲気が漂っています。私のカメラでは暗く映っていますが、実際は足元がはっきりと見える程度には明るかったです。

 

東ローマ帝国時代に建てられた貯水槽で、何本も続く柱の中には、メデューサの顔をかたどった柱もありました!

 

 

f:id:knonononai:20211019205334p:plain

地下宮殿

 

 

エジプシャンバザール/旧市街

グランドバザールにはあらゆるものが売られていますが、エジプシャンバザールはスパイスをメインに売っているお店が連なる場所です。

 

日本では、スパイスは普通ビンに入れて売られていますが、山盛りのスパイスから測って売る形式は、中東でよく見かけるスタイルです。

 

 

f:id:knonononai:20211020203206j:plain

スパイス

 

 

トプカプ宮殿/旧市街

宮殿というだけあって、内部に見所が沢山あるのはもちろんのこと、外部の庭も含め広い敷地を誇っています。じっくりと見て周るなら、2時間以上は必要だと思います。

 

イスタンブールの名所を巡っていて感じるのは、青を基調とした美しいデザインが多いことです。トプカプ宮殿内部も、青と金をメインに装飾が随所に施されています。きらきらと豪華なのに、どこか落ち着きがあるのは、青をメインにしているからだと思いました。

 

宮殿の庭からは、海峡を臨むこともでき、眺望も楽しめるスポットになっています。

 

 

f:id:knonononai:20211019205308p:plain

トプカプ宮殿内部

 

 

まとめ

見所が沢山あるイスタンブールの中でも、限られた日数で必ず見ておきたい場所をご紹介しました。

 

東洋と西洋の間で独特の雰囲気を持ち、歴史的にも価値のある建築物が多くあります。個人的には、神聖な青の美しさを感じた場所でした。

 

気になる場所がありましたら、ぜひ訪れてみてください!