けーのののーない

ゆとり会社員が、独学で4か国語勉強する過程を配信

MENU

【感想・レビュー】科学的な適職 今の仕事は適職?転職で気を付けるべきポイントって?


スポンサードリンク

今の仕事はどう選びましたか? 転職するなら、次の仕事は何を基準に選びますか?

 

今の仕事に何の不満もなく働いている方は幸せですが、そうもいかないのが社会人なのではないでしょうか。

 

 

  • 転職したいけど、次の職をどうやって決めればいいか分からない
  • 幸せな私生活をおくれる、仕事のポイントが知りたい
  • 今の職場に多少の不満があるけど、転職すべきか残るべきか迷っている

 

そんな方にお勧めなのが、「科学的な適職」です。4021もの研究データから見えてきた、仕事選びに欠かせない要素を教えてくれます。

 

 

この記事では、「科学的な適職」の概要と感想をご紹介します。気になった方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

 

「科学的な適職」の概要

 

科学的な適職 (鈴木 祐/クロスメディア・パブリッシング)
 

 

 

著者はこれまで10万本もの科学論文を読み、ヘルスケアや生産性向上といったテーマで執筆しているライターの鈴木祐さんです。

 

本書の参考文献を見ても、そのほとんどが英語論文です。

 

私のような一般人が一生懸命調べても、辿り着かないし読み切れない膨大なデータが、1冊にまとまっていてありがたいです。

 

 

冒頭から「なぜ私たちはキャリア選びに失敗するのか」という問題提起がなされ、私たちがいかに仕事選びに誤っているのか、説明されます。

 

ちょっと不安になってきますね...。

 

 

本書では、「適職」の定義を「あなたの幸福が最大化される仕事」としています。

 

  • 簡単な仕事でも
  • 給料がよくても
  • 好きな仕事でも
  • 適性テストで選んでも

 

幸せに働けるとは限らないんですよね。

 

私たちの思い込みをステップごとに減らしつつ、より幸福になれる仕事選びのポイントを教えてくれます。

 

具体的なステップは次の通りです。

 

ステップ1 幻想から覚める(Access the truth)

ステップ2 未来を広げる(Widen your future)

ステップ3 悪を取り除く(Avoid evil)

ステップ4 歪みに気づく(Keep human bias out)

ステップ5 やりがいを再構築する(Engage in you work)

 

頭文字をとるとAWAKE(目覚め)です。

 

後半になるにつれ、時間が必要なワークが出てきます。本腰を入れて転職を考えている方は、ぜひ取り組んでみてください。

 

前半は私たちの思い込みに焦点が当てられ、思い込みを覆す研究データが提示されるので、この箇所だけでも読んで見ると面白いですよ。

 

 

感想

ステップに分けて適職探しの方法を説明してくれるので、順を追って試すことができます。

 

特に気になった箇所と、お勧めしたい理由を紹介します。

 

 

適性テストの話

私も就活の時、何種類かの適性テストを受けましたが、本書によるとあまり意味がないそうで、ちょっとがっかりしました。

 

じゃあ、なんであんなに受ける機会があるんでしょうね。採用する側も、少しでも安心材料が欲しいということでしょうか。

 

 

仕事の自由度が幸福度を左右する

実際に一会社員として共感したのは、「職場の自由度が高くなるほど、幸せに働ける」という内容です。

 

多少大変でも、自分の業務が自分の思うように進められているとき、ストレスを感じることが少ないです。

 

逆に、予期せぬ仕事を突然振られたり、上司から自分の仕事を細かく管理されると、やりづらいと思うことがあります。

 

同じような考えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

今の職場に留まるか、転職するか

転職で悩んでいる方は、次の2段階のどちらかですよね。

 

1つ目は「転職するか否か」

2つ目は「転職する会社をどうやって絞るか」

 

本書は、2つ目の選択方法だけを提示するのではなく、1つ目の段階から

 

「こういう状況なら転職、

こういう状況なら今の職場のままで改善に力を注いだ方がよい」

 

という検討の手順を示しています。

 

単に転職を勧めるのではなく、今いる職場で頑張った方がいい場合を隠さず伝えてくれる点は、好感度が高いです。

 

 

まとめ

仕事選びに迷っている方に読んでほしい、「科学的な適職」をご紹介しました。

 

就活している方、転職を考えている方には、役に立つ情報が沢山詰まっています。

 

すぐには転職する予定がない方でも、私たちが持っている「思い込み」を自覚するために、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

 

「科学的な適職」はKindle版でも読むことができます。

 

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 広告なし 電子書籍リーダー

 

 

 

Amazon Prime

 

 

あわせて読みたい

転職や仕事について考えたり、働き方を悩んだりしている方は、次の記事も読んで見てください!

 

 

社員ゼロ!会社は「1人」で経営しなさい (山本 憲明/明日香出版社)

 

時代に合わせた「1人経営」の提案。無理せず1人でできる範囲を、細く長く続けていくのも1つの方法です。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 (八木 仁平/KADOKAWA)

 

そもそも何が「やりたいこと」なのか分からない。どうやって見つけよう?という方に、具体的な手順まで教えてくれます。

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

ブルシット・ジョブークソどうでもいい仕事の理論 (デヴィッド・グレーバー/岩波書店)

 

仕事が辛いのはどうして? 忙しすぎてしんどい、行っている作業の意味を感じられなくて虚しい...など、仕事にまつわる「辛い」の理由が見えてきます。

 

knonononai.hatenablog.com