けーのののーない

ゆとり会社員が、独学で4か国語勉強する過程を配信

MENU

【イラン旅行】女性一人旅で実感した、注意すべきことと驚いたこと


スポンサードリンク

イラン旅行と聞いて、「え?治安は大丈夫?危なくないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

日本人にとっては、あまり馴染みのない国ですよね。アメリカと外交面での関係が良好とは言えず、危ない国だというイメージが付いているのかもしれません。

 

この記事では、

 

  • イランを女性1人で旅する時の注意点
  • 実際にイランを旅してみて、日本との違いに驚いたところ
  • 旅行に必須のアイテム

 

をご紹介します。

 

 

私は主に学生時代、20カ国以上旅行してきました。

 

いろんな国で、日本との違いを感じて驚いたり、羨ましいと思ったり、逆に日本の良さに気がついたりしました。

 

そんな中でも、イランは日本との違いが沢山あって、忘れられない国の1つです。

 

 

イラン旅行を検討中の方、特に女性1人で行ってみたいと考えている方のお役に立てば嬉しいです!

 

 

※あくまで一個人の体験談ですので、旅行前にはよく調べてみてください。イランでも国境付近は、渡航禁止レベルの危険区域があります。

 

 

海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

 

 

 

 

 

親切な方が多くて治安もよい

まずは、皆さん気になるであろう治安の面から。

 

テヘラン発着で、テヘラン→ヤズド→イスファハーン→テヘランという順番で、約1週間かけてイランを周りました。テヘランは首都ですし、ヤズドもイスファハーンも有名な観光スポットです。

 

3つの街を周ってみて、どこに行ってもきちんと防犯対策をしていれば、そこまで危ない目には遭わないような気がしました。実際、私も夜間に1人で出歩かないといったことは気を付けましたが、特に危険を感じることはなく過ごせました。

 

 

さらに嬉しいことには、フレンドリーに挨拶してくれたり、なぜかバスの待合所でナッツをくれたりする方がいたことです。

 

 

観光客があまり多くないということもあってか、街を歩いていれば、地元の方からは自分が観光客であることは一目瞭然だと思います。「旅行で来ました」感全開の私に対して、"Welcome to Iran", "Welcome to here"と言ってもらえたのは、1回や2回ではありません。

 

 

イランに旅行したという方の記事に書いてあった通り、なぜかナッツをくれたり、お茶をごちそうしてくれたりする方が本当にいらっしゃいました。

 

英語が達者でない方でも、微笑みながらナッツを手渡してくれて、驚きつつも嬉しかったことを覚えています。

 

 

f:id:knonononai:20211112203249p:plain

ナッツとお茶とお菓子

 

 

女性は観光客でも、必ずスカーフをしなければならない

これは、イランに旅行に行く女性は、気を付けなければならないことです。観光客であっても、女性は髪を覆う必要があるからです。

 

 

また、夏の暑い時期であっても、ショートパンツなど露出の高い格好は避けましょう。

 

イランではモスクを観光する機会が多いので、見せていただく立場をわきまえて、適した格好で行きましょう。

 

 

私はイランに向かう飛行機の中では、まだスカーフを着けていませんでした。

 

イランに着陸した頃、おそらくイラン人の女性にスカーフを巻くようなジェスチャーをされて、「ここからは、もう着けなければならないんだな」ということを理解しました。

 

 

長距離バスが快適!

これは嬉しい誤算でした。

 

私は、日本の長距離バスや夜行バスにも何度か乗ったことがあります。

 

イランの長距離バスはどんなものか…とドキドキしていたのですが、もしかすると日本よりサービスがいいかも?

 

 

f:id:knonononai:20211112204457p:plain

長距離バスの広々とした座席

 

 

テヘラン→ヤズド、ヤズド→イスファハーン、イスファハーン→テヘランと3回乗りました。どの便も、お水やお菓子のパッケージを手渡されて、座席も割と広く、結構快適に過ごせましたよ!

 

 

f:id:knonononai:20211112204225j:plain

テヘラン→ヤズドのお菓子セット

 

 

f:id:knonononai:20211112204345p:plain

ヤズド→イスファハーンのお菓子セット



f:id:knonononai:20211112204602p:plain

イスファハーン→テヘランお菓子セット

 

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

通貨のゼロが多すぎる

イランの通貨はイランリアルです。

 

日によってレートは異なりますが、1イランリアル≒0.0027円です。

 

つまり、日本円にして1,000円くらいのものは約370,400イランリアルです。

 

例えばホテルが約7,000円/泊であれば、2,592,800イランリアルです。何だか、超高級ホテルに泊まる気分になります…。

 

 

高いんだか安いんだか分からなくなってくるので、通貨換算アプリをインストールしておくことをお勧めします。

 

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

玉ねぎを生でかじる

旅行の関心事の1つが、食事ですよね。イランではケバブのようなお肉、細長い米、ナンをよく見かけました。

 

そして、それらの料理によくついてくるのが、生玉ねぎなんです。え?どうやって食べるの?と思って周りのイラン人の方を見ていると、生でかじっているではないですか!

 

 

驚いたものの、郷に入っては郷に従えという諺通り、私も生玉ねぎをかじってみました。当たり前に辛くて、涙が出てきました…。

 

それでも頑張って1個は完食してみたのですが、翌日お腹の調子が悪くなり、もう生玉ねぎチャレンジはしないことにしました。

 

お腹が強くない方は、無理しないでくださいね!

 

 

f:id:knonononai:20211111212559p:plain

右の白いものが生玉ねぎ

 

 

f:id:knonononai:20211112205453p:plain

左奥の白いものが生玉ねぎ

 

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

まとめ

中東の国、イランを女性1人で観光してみて、驚いたことと注意点を5つご紹介しました。

 

いい意味で予想を裏切れられたものから、え?とちょっと困惑するものまで、これまで知らなかったイランの一面を見てもらえたら嬉しいです。

 

旅行に際しては、事前調査をされてから、安全に行ってきてくださいね!

 

 

knonononai.hatenablog.com

 

 

knonononai.hatenablog.com