けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

【留学】たった1つのことに気付いてから、イタリア語を話せるようになった


スポンサードリンク

英語圏にしても非英語圏にしても、その国で話される言葉を習得しきれないまま、留学するのは不安ですよね。

 

とはいえ、語学を完璧にしてから留学しようとしたら、いつまでたっても実行に移せません。

 

  • 留学先での言語が不安な方
  • 現在留学中で、言語の壁を感じている方
  • 自分の言語力に自信が持てない、留学先で上達しているか分からない方

 

私もイタリア留学初期は、全く会話について行けず、しんどいな、と感じることがありました。そんな中、イタリア人の会話を聞いている時にふと気が付いたことがあり、それがきっかけでイタリア語が上達した自覚があります。

 

留学先での言語で悩んでいる方に、少しでも解決のヒントになりますように!

 

 

イタリア留学初期: 話されていることが本当に分からない (~3カ月くらい)

まず、イタリアに留学がスタートした頃のイタリア語力はというと、挨拶と自己紹介はできるレベルでした。後は、カフェでコーヒーを何とか注文できるかな?といったところです。

 

イタリア旅行で使えるくらいの語学力だったかもしれませんが、イタリア人の日常会話には全くついて行けませんでした。イタリア人の会話はのってくるとスピードが速く、親切でゆっくり話してもらえても、そもそも単語が分からない場合も多々あり、何が何だか…という状態でした。

 

留学自体を後悔するようなことはありませんでしたが、それでもやはり、言語が不自由な国でこれから1年間過ごすことへの不安は大きかったです。

 

 

イタリア留学中期: 何となく分かってきたけど、会話に混ざれない (4~6カ月くらい)

留学者の経験談で、「ある時急に、会話の内容が分かるようになった」という話を聞いたことがありませんか。

 

留学先に滞在し、何時間も半強制的にリスニングしていると、ある時ふと文章の流れがつかめるような感覚です。私も経験があります。

 

「あ、今こういう会話が行われている」「こういう内容を聞かれている」ということが、頭の中でイタリア語を日本語に変換しなくても、何となく分かるんです。イタリア語の回路ができた感じ…?言語を習得した経験がある方は、共感してもらえると思うのですが、いかがでしょうか。

 

話されていることが分かってきても、それで会話が成立するわけではなく、特にネイティブの速度に追いつくのは至難の業です。何となく分かってきたこと自体は嬉しくても、今度は「分かっているのに返せない」という別の壁が現れます。

 

 

発見!

「分かっているのに返せない」状態から、イタリア語を話せるようになるまで、もどかしくて悔しい思いもしました。

 

そんな時ふと、イタリア人同士で盛り上がっている会話を見ていて、気が付いたんです。

 

  • イタリア人は日本人同士の会話のように、順番に発言しているわけではない
  • むしろ、その場にいる人全員が一気に話している場面もよく見る
  • 積極的に口を挟まないと、永遠に自分が発言する機会がまわってこない!

 

つまり、

「日本人とイタリア人の発言の仕方、コミュニケーションの取り方には違いがある」

とういことが見えてきたのです。

 

イタリア人同士がある話題で盛り上がると、相手の発言が終わる前でも意見を言う場面は何度も見てきました。それでも、「相手が話しているときは、話が終わるまで聞いてから発言する」という日本式の方法が身に付いていたので、私はなかなか発言することができませんでした。

 

このことを自覚するまでは「私の会話力がないから、語彙が足りないからイタリア語で会話できないんだ…」と思っていました。

 

もちろんそれもあるのですが、そもそも発言の機会を待っているだけでは足りなかったんです。

 

 

イタリア留学後期: イタリア人に質問しつつ、会話を楽しめるようになった (半年後)  

自分から発言しないと、いつまでたっても話せるようにならない、ということに気が付いてからは、思いついたことは積極的に口に出すようにしました。

 

文法が追い付かないことも、単語に詰まることもありました。それでも発言を繰り返すうちに、徐々に自分の考えを話せている実感が湧き、そこからは楽しくてどんどん上達できたと思います。

 

決して流暢なイタリア語ではなかったかもしれませんが、話を聞いて、適宜修正してくれたイタリア人の友達に感謝しています。

 

 

まとめ

イタリア留学で、イタリア語を話せるようになったきっけを、段階を踏みつつ紹介しました。留学先で悩んでいる方の背中を押せたら嬉しいです。

 

自信は後からついてくるはずなので、始めは自信がなくても、積極的に発言してみてほしいです。

 

 

※イタリア語初級レベルをCILS B2レベルまで上げた勉強法。

knonononai.hatenablog.com

 

 

※非英語圏に留学するメリット/デメリットをまとめた話。

knonononai.hatenablog.com

 

 

※留学経験は結局社会人生活に活かせてるの?という話。

knonononai.hatenablog.com