けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

【フランス語】DELF B2取得者が実際に見ていた、フランス語を学べるYoutubeチャンネル


スポンサードリンク

フランス語を勉強していて、特に難しいのがリスニングだと思います。フランス語を聞き取れるようになりたいけど、できることなら楽しく学びたい! 

 

最近DELF B2に合格したばかりのKのが、フランス語学習のために見ていたYoutubeチャンネルを難易度の低い順にご紹介します。

 

※Kのが独学でDELF B2を取得した勉強法はこちら↓

knonononai.hatenablog.com

 

※DELF B2を受けた時の手ごたえと実際の点数はこちら↓

knonononai.hatenablog.com

Français avec Pierre:フランス語をフランス語で学べる良質チャンネル

フランス語を勉強している方の間では、有名なチャンネルです。Kのもフランス語のオススメYoutubeチャンネルを検索しているとき、紹介している方を何人か見ました。

 

このチャンネルの特徴は、フランス語を易しいフランス語で優しく解説してくれるところです! Pierreさんの人柄の良さがにじみ出ています。話すスピードもゆっくりで、聞き取りやすく工夫されています

 

初心~中級レベルで、フランス語学習者が間違いやすい箇所や疑問に感じる箇所を取り上げてくれます。

https://www.youtube.com/channel/UCVgW9ZQaGBk6fsiPgE2mYDg

 

Bebechan - 日本のフランス人: 日本好きフランス人のスピーキングをたっぷり聞ける

日本在住フランス人のオレちゃんが、日本とフランスの文化の違いや、日本のいいところ、日本のコンビニスイーツなどを紹介しています。オレちゃんの日本愛がひしひしと伝わってきます。

 

日本のことをテーマにしているので、私たちにも馴染みのあるものをフランス語で説明するとこうなるのか…という勉強にもなります。さらにありがたいところは、フランス語の字幕が付いているところ! 勉強目的でも見やすく楽しいチャンネルです。

 

Kののお気入りは、オレちゃんがカフェでゆったりしゃべっている動画です。登録者がどんどん伸びているようで、要注目チャンネルです。

Bebechan - 日本のフランス人 - YouTube

 

Mitsu: フランス人がフランス人向けに話すフランス語に慣れる

Mitsuさんは日本の暮らしを知りたいフランス人に向けて動画をあげています。もともと日本でモデル業などしていたようですが、最近帰国されたようです。

 

フランス人向けフランス語のため、話すスピードも速く(フランス語ネイティブにとっては普通なのかもしれませんが、Kのはなかなか追いつけない!)リスニングの難易度はぐっと高くなります。Kのは基本的に0.75倍速で聞いていました。

 

Mitsuさんがカメラに向かって話している動画が多いので、がっつりリスニングしたい方にオススメです。

Mitsu - YouTube

 

META: フランス語で哲学が学べる⁈ 専門的な分野まで挑戦したい方に

フランス人の男女2人が、哲学のトピックをフランス人向けにフランス語で解説するチャンネルです。日本人で見ている人、いるのかな…。

 

例えば、フランス革命から技術革新まで「革命」という単語の意味するところ、といったなかなかアカデミックな内容がメインです。女性の家事は仕事じゃないの?のようにKのは割と関心がある動画があり、見始めました。必ずしもこのチャンネルでなくてよいのですが、自分が興味関心のあるテーマを専門的に解説しているチャンネルも1つ見ておくと語彙を増やすことに役立ち、少しでも理解できると自信につながります。

META - YouTube

 

(おまけ) Nolie / のり フランス三人暮らし: フランス生活のリアルが見られる

フランス在住でフランス人のパートナーがいらっしゃるNolieさんが、フランスでの休日の過ごし方、子育てなどをテーマに動画を公開しています。フランス語の学習というよりほのぼの素敵なフランスライフを見つつ、フランス語学習のモチベーションを上げるために見ていました。

 

パートナーやそのご家族と話している動画などは、リアルなフランスの日常会話を聞くことができます。日仏ハーフのケイくんを見ていると、ハーフの子ってこうやって言葉を習得しているんだ…と感心します。

 

Nolieさんは落ち着いた話し方で、フランスの景色と合わせて癒されます。

Nolie / のり フランス三人暮らし - YouTube

 

DELF B2を取得したKのが実際に見ていたYoutubeチャンネルを紹介しました。

Youtubeも取り入れつつ、リスニングを伸ばしていきましょう!