けーのののーない

語学、読書、旅行が好きなゆとり会社員

MENU

読書-世界と文化

【感想】FACTFULNESS(ファクトフルネス)を読んで 世界の見方が変わる本

テレビを付けたり、ネットを見たりすると、いつも悪いニュースばかり。 世界のどこかでしょっちゅうテロが起こったり、明日の食糧もないようなお腹を空かせた子供たちが沢山いたり。女子が受けられる教育が限られていたり、最低限の医療さえ行き届かず、亡く…

【感想】『サトコとナダ』から考える異文化理解

現在、世界の約4人に1人がイスラム教徒(男性: ムスリム/女性: ムスリマ)と言われており、その割合は今後も増加していく見込みです。 日本にもインドネシアやマレーシアから、ムスリムの方たちが観光に来る姿を、コロナが流行る前はよく見かけましたよね。海…

イスラーム金融とイスラーム銀行 分かりやすい本紹介

ことの発端は、資本主義経済について書かれた、中学生向けの分かりやすい本を読んだことでした。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[…

【読書】ハーフや帰国子女を羨ましいと思いますか? 国際移動を繰り返す人たちについての本

「ハーフ」という言葉の使用が疑問視され始めていますが、今でも耳にすることはありますよね。ここでは、違った国籍の両親を持つ子供を指します。一方で「帰国子女」は親の仕事の都合などで海外で生活した後、日本に帰国した子供です。 私は高校卒業まで同じ…

【ネパール】「友達だから安くするよ」と言ってくる宝石商人の話

ネパールと言えば有名なのはエベレストでしょうか。ネパールはインドと中国の間に位置し、エベレストがあることから登山者に人気がある国です。 今回はそんなエベレストの首都、カトマンズの観光市場で「君は友達だから、特別にいい宝石を売るよ」と言ってく…

【タイ】ゴーゴーバー、タイマッサージの真面目な研究があるって知ってた? タイを深く知れる3冊

タイのゴーゴーバー、行ったことありますか? ゴーゴーバーとはタイの首都バンコクにある、ビールやウイスキーなどのアルコールを提供するバーのことです。照明が落とされた中で大音量の音楽が流れ、バーガールたちが踊る様子を見ることができます。 それだ…

【感想】「翻訳できない世界のことば」ほんやくこんにゃくができても、私は言語を学ぶ

翻訳のサービスは日々進化していて、英語ができなくてもアプリを使えば旅行はスムーズに、外国人の方と商談だってできる日はほとんどそこまで来ていますよね。既に登場しているシステムでも、意思疎通をはかるには十分なレベルのものが沢山あります。 では、…

「ぼくイエ」「聖なるズー」多様性を話題の本から考える

「多様性」という言葉は、今やあちこちで聞く言葉です。「性の多様性」「ライフスタイルの多様性」「多様性を大切にしよう」など。今回は話題となった2冊、「ぼくイエ」と「聖なるズー」から多様性について考えてみます。 ぼくはイエローでホワイトで、ちょ…

【資本主義経済】とは?中学生でも分かるように説明された本の紹介

「資本主義経済とは?」そう聞かれて、分かりやすく説明できる人がどれほどいるでしょうか。Kの自身も何となく分かってるつもりだけど、いざ説明をするとなると「えーっと…」と言葉が詰まってしまいます。 今回は、資本主義経済について中学生向けに分かりや…